3年目

 パソコンを始めてから丸2年が経ちました。依頼を受けて作成したホームページの数も段々と増えてきました。持病の湿疹もほとんど回復していましたが、いつもパソコンに向かっているので、相変わらず外出することは稀でした。

 以前は頻繁に行っていた海外旅行はおろか、湘南海岸のドライブさえも、パソコンを始めてからは、とんとご無沙汰していました。6月の初め頃でした。仕事が途切れたので、久し振りにドライブに行こうと思い立ちました。潮風に吹かれ、ぼんやりと海を眺めて一日を過ごし、気分転換をしようと考えたのです。

 しかし、運転をしていても頭に浮かぶのは、ホームページのことばかりです。家を出て30分ほど経ちましたが、市街地の渋滞に巻き込まれていました。そんな時期、突然ひとつのアイデアが思い浮かびました。直ぐにUターンをして家に戻りました。一刻も早く実験をしてみたかったのです。

 Java Applet を使って文字を透過させ、背後に模様の画像をスクロールさせる方法は今までも使っていましたが、模様の代りに風景写真を使えば、見る人の方が動いているように感じるのではという発想です。実験の結果は思った通りでした。

 これを使いたくて、自分のホームページを作ることにしました。沢山のホームページを作ってきましたが、私には他人に見て貰うような趣味も特技もないので、それまでは自分のホームページを作ることなど考えたこともなかったのです。

 私には元よりテーマにするようなものは何もありません。苦肉の策で思いついたのは、南国のビーチへ旅行した際に書き溜めたものを使うことです。しかし、稚拙な文章ですから、他人に読んで貰うことを考えると、大変な勇気が必要でした。

 ともかく、テーマが決まったので、風景写真も南の海ということにしました。タイトルも「SALTY」という名がすんなりと出てきました。アルバムから写真を剥がし、スキャナーで読み込み、Java Applet を使って動かしてみました。10枚ほどの写真の中から1枚を選びました。海から撮った島の写真です。これが現在も使っているタイトルです。

 プロバイダにホームページの開設申し込みをして、その夜には10ページのホームページをアップロードしました。自分のホームページを作ろうと思い立ってから6時間後でした。

 数日後、ホームページを見た人から最初のメールが届きました。内容はタイトルの島の写真についてです。素敵なアイデアですねと書いてありました。これを見て貰うためにホームページを開設したようなものですから、嬉しかったですね。

 その後も同じようなメールが何通も届き、中にはそのアイデアを使わせて欲しいというものもありました。そこで、テーマとは違いますが、サンプル集を載せることにしました。これで一気に数十ページも増えました。

 次に、タグ入力で作るホームページ作成講座を載せました。アクセス数は順調に増え続けました。質問のメールも増え、常連もできました。その人たちが自分のホームページを完成させると真っ先に知らせてくれます。私にとって、これが一番の喜びです。

 半年後の年末にはアクセスカウンターが 7000 を超えました。その頃は1日に 50 アクセスを超えるようになっていました。私には予想もしなかった数字です。

 私の会社が所属する団体で、1月末からパソコン講習会を開くことになりました。1回の講習が2時間、週2回のペースで全20回です。年末から講習会で使うテキスト作りを始めました。市販されているパソコン入門書では満足できなかったからです。

 ところが、パソコン入門書を1冊書き上げるのと同じですから、これは大変な作業でした。年末年始も休まずに、時には徹夜をしてA4サイズ200ページのテキストを完成したのは、講習会が始まる直前でした。

 受講生は予想していた2倍の40人以上になりました。私ひとりで教えるのですから、一度ではとても無理です。急遽、2組に分けて講習を行うことにしました。

 講習会が終了する3月末までは、ほとんどこれに掛かりきりでした。家にも質問の電話が頻繁にかかってきます。この期間はホームページの更新も全くできませんでした。

 講習会の最中、2月には注文していたパソコンが届きました。今も愛用している [DELL Dimension XPS R400] です。当時の最速CPUは Pentium 2 450MHz でしたが、私は CD-RW も欲しかったので、1ランク下の 400MHz を買いました。

 このパソコンが届いて1週間後、ハードディスクが壊れてしまいました。メーカーでは、本体を送ってくれれば交換してくれると言うのですが、半月もかかるそうです。私はこちらで交換するから新しいハードディスクを送ってくれるよう希望しました。

 壊れたハードディスクを必ず送り返すという確約書を提出して、送って貰うことができました。壊れたハードディスクを持っていたって仕方ないのに、メーカーは疑い深いですね。これは、壊れたと言って騙し取る人がいるからなのでしょうか。

 3月末には講習会も無事終了しました。最終回の講習が終った後に、受講生たちが謝恩会を準備していてくれました。思いがけない招待に胸がじーんと熱くなりました。主賓として招かれることなど初めての経験です。12月から準備を始め、3ヶ月間苦労を重ねてきましたが、ここで一気に報われた思いがしました。

 3年目も、パソコンに明けパソコンに暮れた1年間でした。