データ保存場所の変更

 初期設定では、データは起動ドライブに保存されていますが、これではシステムに不具合が生じてクリーンインストールやリカバリーを行うと、データはすべて消えてしまいます。データの保存場所は起動ドライブ以外に変更しておかなくてはなりません。「D:」ドライブに変更する手順を説明します。


  1. エクスプローラで「C:\Users\username」フォルダを開きます。「アドレス帳」以下11個を移動します。


  2. 「アドレス帳」を右クリック、→「プロパティ」をクリックします。


  3. 「場所」タブを開き、→「アドレス帳」のファイル「Contacts」をドラッグして選択、→反転した上で右クリック、→「コピー」をクリック、→「移動」ボタンをクリックします。


  4. 「コンピュータ」をダブルクリックで開きます。


  5. 「D」ドライブをダブルクリックで開きます。


  6. 「フォルダの選択」ボタンをクリックします。


  7. 入力欄の「D:\」の後ろを右クリック、→「貼り付け」をクリックします。


  8. 「OK」ボタンをクリックします。


  9. 「はい」ボタンをクリックします。


  10. 「はい」ボタンをクリックします。


  11. 「C:\Users\username」フォルダから「アドレス帳」が消えました。


  12. 「D:」ドライブに「アドレス帳」が作成されました。


  13. 「アドレス帳」と同じようにして他の10個も移動します。


  14. 次はメーラー「Windows Live Mail」のメールデータの保存場所を変更します。メニューバーの左端の「▼」ボタンをクリック、→「オプション」をポイント、→「メール」をクリックします。


  15. 「詳細設定」タブを開き、→「メンテナンス」ボタンをクリックします。


  16. 「保存フォルダ」ボタンをクリックします。


  17. 入力欄末尾の「Windows Live Mail」をドラッグして選択、→反転した上で右クリック、→「コピー」をクリック、→「変更」ボタンをクリックします。


  18. 「D:」ドライブを選択、→「新しいフォルダの作成」ボタンをクリックします。


  19. 作成された「新しいフォルダ」の上で右クリック、→「貼り付け」をクリックします。「


  20. 「Enter」キーを押してフォルダ名を確定します。


  21. 「OK」ボタンをクリックします。


  22. 「OK」ボタンをクリックします。


  23. 「閉じる」ボタンをクリックします。


  24. 「OK」ボタンをクリックします。


  25. 「D:」ドライブに「Windows Live Mail」が作成されました。