Windows 7 インストールUSBメモリの作成

 最近のパソコンにはDVDドライブが搭載されていないものがあります。そのようなパソコンにOSをインストールするには、インストールUSBメモリを作成して行います。


  1. DVDドライブが搭載されている別のパソコンで、 ライティングソフトでインストールDVDの中身をISO形式イメージでハードディスクに保存します。下図は「DVD Decrypter」の例です。


  2. 「Source」は「Windows 7」のインストールDVDです。「Destinaion」はISO形式イメージの保存場所です。

    確認したら緑色の矢印をクリックします。


  3. ISO形式イメージの作成が始まります。


  4. 下図が表示されたら完了です。「OK」ボタンをクリックします。


  5. 指定した場所に、ISO形式イメージ「WIN_7_ULTIMATE.ISO」が保存されています。


  6. 下記サイトから「Windows 7 USB/DVD ダウンロードツール」をダウンロードして、インストールします。

    http://www.microsoftstore.jp/Form/Guide/downloadTool.aspx


  7. ダウンロードした「Windows7-USB-DVD-tool.exe」をダブルクリックして、→「実行」ボタンをクリックします。


  8. 「次へ」ボタンをクリックします。


  9. 「インストール」ボタンをクリックします。


  10. 「完了」ボタンをクリックします。


  11. 「Windows 7 USB DVD ダウンロードツール」をクリックして起動します。


  12. 「参照」ボタンをクリックします。


  13. 先に作成した「WIN_7_ULTIMATE.ISO」を選択、→「開く」ボタンをクリックします。


  14. 「ソースファイル」欄にファイルのパスが入りました。「次へ」ボタンをクリックします。


  15. USBポートに「8GB」のUSBメモリを挿し、→「USB デバイス」ボタンをクリックします。


  16. 「コピー開始」ボタンをクリックします。


  17. USBメモリのフォーマットが始まりました。


  18. USBメモリへの書き込みが始まりました。


  19. 書き込みが完了しました。


  20. USBメモリへ書き込まれたファイルです。


  21. OSをインストールするパソコンに作成したUSBメモリを挿し、→パソコンの電源を入れ、→POST画面で「ブートメニュー」を表示する「F11」や「F12」キーを押します。押すキーは機種によって異なります。


  22. USBメモリ(USB-HDD)を選択、→「Enter」キーを押します。


  23. USBメモリから起動しますから、OSのインストールを進めます。