Acronis True Image Personal


■起動ドライブのバックアップ

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「Acronis」→「True Image」→「Acronis True Image Personal」とクリックして起動します。→「次へ」ボタンをクリックします。



  2. 「パーティションまたはハードディスクドライブ全体のイメージを作成」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。→(パーティションの解析が実行されます。)



  3. バックアップするパーティションのボックスをクリックします。→(ボックスに赤い下線が付きます。)→「次へ」ボタンをクリックします。



  4. 左欄のバックアップファイルを保存するドライブまたはフォルダをクリックします。→(「ファイル名」欄に表示されます。)→その後にファイル名(backup.tib)を入力、→「次へ」ボタンをクリックします。



  5. スライダーをドラッグして圧縮率を指定します。圧縮率を高くすると保存されるファイルサイズは小さくなりますが、バックアップやリカバリーの時間が長くなります。→「次へ」ボタンをクリックします。



  6. 「自動」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。

    ハードディスに保存したバックアップファイルをメディアに書き込む場合は「サイズを固定」にチェックを付け、→メディアの種類を選択します。



  7. リカバリーの際にパスワードを必要とする場合は任意のパスワードを二度入力、→「次へ」ボタンをクリックします。



  8. バックアップファイルの説明文を入力して保存できます。→「次へ」ボタンをクリックします。



  9. バックアップ作業の一覧が表示されます。→確認して「次へ」ボタンをクリックします。



  10. 作業の状況が表示されます。



  11. バックアップが完了したら「終了」ボタンをクリックします。



  12. 「4.」で指定した場所にバックアップファイル(backup.tib)が保存されています。


■起動用レスキューメディアの作成

 起動ドライブ以外のドライブは「Windows」を起動して復元できますが、Cドライブをリカバリーするには「起動用レスキューメディア」で起動します。「起動用レスキューメディア」を作成するには次のようにします。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「Acronis」→「True Image」→「起動用レスキューメディアビルだ」とクリックして起動します。→「次へ」ボタンをクリックします。



  2. 「起動用レスキューメディア」を作成するドライブを選択、→「次へ」ボタンをクリックします。



  3. ドライブにメディアを挿入、→「実行」ボタンをクリックします。



  4. メディアへの書き込みが実行されます。



  5. 書き込み処理が完了したら「OK」ボタンをクリックします。