65歳パソコン教師の日記 NO.1484(2004.07.27)


 一ヶ月ほど前の掲示板・チャットルームのパスワード強化の際、利用者の 皆さんにはご迷惑をお掛けしましたが、昨日でパスワード発行数が3000 を超えました。特に「PC質問箱」のアクセスは毎日1000件を超えてい ます。

  これは「かんさん」「ayumさん」「syokaさん」「うめちゃん」「スター ダストさん」はじめ回答者の皆様のお陰が大きいのです。13000を超す 過去ログを読むだけでも為になりますが、質問もルールを守ってどんどんさ れるようお願いいたします。


【ハードディスクの増設とパーティション(Windows 2000/XP)】

 映像ファイルはサイズが大きいですから、TVを録画したり、DVDビデ オを保存するには、100GB以上のハードディスクが必要です。2台目の ハードディスク増設を検討している人も多いことでしょう。

 ハードディスクの選択には、容量の他にも回転数・プラッタ容量・バッフ ァ容量・軸受なども重要な要素です。 回転数は「7200prm」、プラッタ容量 は「80GB」、バッファ容量は「8MB」、軸受は「流体軸受」がお勧めです。

 既存ハードディスクがCドライブ、CD−ROMがDドライブのパソコン に160GBのハードディスクを増設、Dドライブを20GB・Eドライブ を20GB・残りをFドライブにパーティション分割することにして、その 方法を書きます。現在は160GBが容量当たり価格が一番安いのです。

 「Windows95/98/Me」でパーティション分割するには「FDISK」で行うため、 初心者の人には取っ付き難かったのですが 「Windows 2000/XP」ではウイン ドウズを起動して行うので簡単に出来ます。

  1. ハードディスクのジャンパピンを「スレーブ」の位置に挿し替えます。

  2. ハードディスクを3.5インチベイに装着、 →IDEケーブルの中間コネ クタと電源ケーブルを接続します。

  3. ウインドウズを起動、→「スタート」ボタンをクリック、→「マイコンピ ュータ」を右クリック、→「管理」をクリックします。

  4. 左欄の「ディスクの管理」をクリックします。→(右下欄の「CD−RO M0(D)」を右クリック、→「ドライブ文字とパスの変更」をクリック、 →「変更」ボタンをクリック、→「次のドライブ文字を割り当てる」にチ ェックを付け、→ドロップダウンリストから「Q」を選択、→「OK」→ 「はい」とボタンをクリックします。

  5. 既存のハードディスクが「ディスク0」、増設したハードディスクが「デ ィスク1」と表示され。その右に「未割り当て」が表示されています。→ 「未割り当て」を右クリック、→「新しいパーティション」をクリックし ます。→(「新しいパーティションウィザード」が起動します。)→「次 へ」ボタンをクリックします。

  6. 「拡張パーティション」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリック します。

  7. 「パーティションサイズ」欄に最大ディスク容量が入力されていることを 確認、→「次へ」→「完了」とボタンをクリックします。

  8. 作成された「空き領域」を右クリック、→「新しい論理ドライブ」をクリ ックします。→(「新しいパーティションウィザード」が起動します。) →「次へ」ボタンをクリックします。

  9. 「論理ドライブ」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。

  10. 「パーティションサイズ」欄に最大ディスク容量が入力されています。→ 「Back space」キーを押して削除、→「20480」と入力、 →「次へ」ボタ ンをクリックします。

  11. 「次のドライブ文字を割り当てる」にチェックを付け、→ドロップダウン リストから「D」を選択、→「次へ」ボタンをクリックします。

  12. 「このパーティションを以下の設定でフォーマットする」にチェックを付 け、→「ファイルシステム」欄が「NTFS」、→「アロケーションユニット サイズ」欄が「既定値」になっていることを確認、→「ボリュームラベル」 欄を空欄にして、→「クイックフォーマットする」にチェックを付け、→ 「次へ」→「完了」とボタンをクリックします。

  13. 「H.」〜「L.」を繰り返して「Eドライブ」と「Fドライブ」を作成しま す。「Fドライブ」の作成では「J.」で入力されている最大ディスク容量 のまま「次へ」ボタンをクリックします。