Bart PE Builder Ver3.1.3

 昨年4月の「1401」で「BartPE Builder」について書きましたが、このCDを作成して利用された人はいらっしゃるでしょうか。「Windows XP」の基本部分をCD−Rに書き込み、万一「Windows XP」が起動しなくなった場合に、このCD内の「Windows XP」を起動して、ハードディスク内のファイルを操作したり、救出したりすることができます。

 昨日、この「BartPE Builder」のダウンロードサイトをアクセスしてみると「3.1.3」にバージョンアップされていました。 「Windows XP SP2」対応ファイルをダウンロードして、新たにCDを作成してみました。CDの作成には「Windows 2000/XP」のシステムCDが必要です。 また、ダウンロードした「.zip」ファイルを解凍するソフトが必要です。

  1. 任意のドライブに「BartPE」フォルダを作成します。ここではGドライブに「BartPE」フォルダを作成、→「G:\BartPE」として説明します。

  2. 下記サイトから「PE Builder v3.1.3 zip package (2.74MB)」をクリックして「pebuilder313.zip」ファイルをダウンロードします。

     http://www.nu2.nu/pebuilder/



  3. ダウンロードした「pebuilder313.zip」ファイルをダブルクリックして「1.」で作成した「BartPE」フォルダ内に解凍します。

  4. 下記のサイトから「日本語サポート・プラグイン」アイコンをクリックして「pe_jp207.zip」ファイルをダウンロードします。

     http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/4686/Plugin.html



  5. ダウンロードした「pe_jp207.zip」ファイルをダブルクリックして「1.」で作成した「BartPE」フォルダ内にフォルダごと解凍します。

  6. 下記のサイトから「Explorer&IE プラグイン ver.41 (forXPSP2)」をクリックして「explorer_ie_ver41_xpsp2.zip」ファイル、「Enable Shutdown Dialog」をクリックして 「enable_shutdown.zip」ファイル、「fix_net ver.3」をクリックして 「fix_net_ver3.zip」ファイルをダウンロードします。

     http://bartpe.nobody.jp/plug.html



  7. ダウンロードした下記の3個のファイルをダブルクリックして「1.」で作成した「BartPE」フォルダ内の「plugin」フォルダ内にフォルダごと解凍します。

     「enable_shutdown.zip」
     「explorer_ie_ver41_xpsp2.zip」
     「fix_net_ver3.zip」

     下記のようになります。

     G:\BartPE\drivers\
               \help\
               \plugin\fix_net\inf_fix.cmd
                      \Japanese207\
                      \z_ExplorerIE\winlogon.cmd
                      \z_PeGina
               \pebuilder.exe
    
  8. CDドライブに「Windows XP SP2」システムCDをセット、→「G:\BartPE\plugin\fix_net\」フォルダ内の「inf_fix.cmd」ファイルをダブルクリック、 →CDドライブ名(例では「Q」)を入力、→「Enter」キーを押します。→(同じフォルダ内に「netmscli.inf」「nettcpip.inf」ファイルがコピーされます。)



  9. 「G:\BartPE\plugin\z_ExplorerIE\」フォルダ内の「winlogon.cmd」ファイルをダブルクリック、→CDドライブ名(例では「Q」)を入力、→「Enter」キーを押します。 →「正常終了」と表示されたら「OK」ボタンをクリックします。



  10. 「G:\BartPE\」フォルダ内の 「pebuilder.exe」ファイルをダブルクリックして「PE Builder」を起動、→「I agree」ボタンをクリックします。



  11. 「Source」欄がCDドライブ名、「Output」欄が「BertPE」となっていることを確認、→「Create ISO image」にチェックを付け、→ 「G:\BartPE\pebuilder.iso」と表示されたことを確認、→「Build」ボタンをクリックします。 →「Do you want to create it?」と表示されたら「はい」ボタンをクリックします。





  12. 「使用許諾承諾書」が表示されたら、 →「I agree」ボタンをクリックするとISOファイルの作成が実行されます。(5〜6分かかります。)





  13. 完了したら「Close」→「Exit」とボタンをクリックします。→「G:\BartPE\」フォルダに「pebuilder.iso」ファイルが作成されます。





  14. CD−Rドライブに新しいCD−Rメディアをセット、→ライティングソフトを起動して「pebuilder.iso」ファイルを書き込みます。

     「B's Recorder GOLD」の場合は「pebuilder.iso」ファイルを下段左欄にドラッグ&ドロップ、→書き込みを行います。 「B's Recorder GOLD」で下段右欄にドラッグ&ドロップすると「pebuilder.iso」ファイルがそのまま書き込まれてしまいますのでご注意ください。



  15. 正常に書き込まれるとCDのルートディレクトリ(最上階層)は下記のようになっています。(「Q」はCD−ROMドライブ名)



  16. パソコンの電源をいれ、直ぐに完成したCDをセットすると、CDに書き込んだ「Windows XP」が起動します。