62歳パソコン教師の日記 NO.285 (2000.10.19)


  いつもは金曜日の朝刊にパソコンショップの折込チラシが5〜6枚入ってきます。今日は木曜日なのに1枚入っていました。私の家から車で30分ほどのところに明日新規開店するそうです。

  なになに、特別日替わり品 Aptiva27M が \19,800 だって。ただし、先着10名様。午前9時に整理券を渡すそうです。よしっ!明日は9時前から並んで買ってこようと思いました。ところが「18歳未満の徹夜で並んでのお買い求めは固くお断りします」と書いてあります。ということは、前夜から並ばなければ買うことができないようです。

  それはそうですね。深夜から徹夜で並んでも10時間ほどです。それで5〜6万円も安く買えるのなら徹夜する人もいるでしょう。中には会社を休んでなんて人もいるでしょうね。私にはとてもそんな根性はありませんし、体力的に無理でしょう。

  チラシを良く見ると、特別日替わり品の他にも安いものがたくさんあります。Aptiva 29M が \69,800、17inch モニタ、Office 2000 がバンドルです。これでも買えれば良いと思います。現在は Windows 95 と Me ですから、読者の皆さんのご質問に応えるためにも Windows 98 も必要なのです。

  このパソコン以外にも買いたいものがあります。昨年、\3,5000 で買ったA3プリンタ EPSON PM-2000 が \12,800、 買いたいと思っていたスキャナEPSON GT-7600 が \9,980 です。10時の開店時間に行けばこの中のひとつぐらいは買えるでしょう。

  女房は「これ以上パソコンを買ってどうするの!」と買う前から文句を言っています。私は「仕事のために必要なのだ。遊び道具じゃないんだ!」と居直っています。でも、買っても置く場所がないのです。

  パソコンに部屋を占領され、私の書斎兼事務所から、本業の不動産のためのものは次々と排除されています。あと1台増えたら完全に部屋から消えてしまうでしょう。

  明日は宅建協会で講習会ですので、お昼前には行かなければなりません。パソコンを買いに行き、(果たして買えるかどうか?)そのまま行かなければなりません。明日の講習会の準備をしておかなければならないのですが、今夜は既にかなり酒も入ったので明日にします。そろそろベッドに入り、パソコンの夢でも見ながら眠ることにします。