63歳パソコン教師の日記 NO.455 (2001.4.25)


  昨日のマガジンで募集した原稿第1号が届きました。普段から「PC質問箱」で回答されているプロのプログラマー「m@さん」からです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【自己解決への道】 著  者:m@
質問宛先:webmaster@e-masu.com
HomePage:http://www.e-masu.com/


トラブルにあった場合, まずどうすることが適当でしょうか?
対策としては下記のようなものがあります.

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
1. 人に聞く
2. ニュースグループやメーリングリストで聞いてみる
3. サポートセンターに問い合わせる
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
a. 書籍や雑誌などから情報を探す
b. ネット上でそれらしいWEBサイトを探し情報を見つけ出す
c. メーカーのWEBサイトにて「良くある質問」等を見てみる
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

大体こんなところでしょうか?
大きく分けると, 人に聞くか自分で調べて解決するかになります.
利用する側としては, 圧倒的に誰かに聞くことが効率が良いでしょうね.でも, 待ってください.
これだと, 人に聞いて対応するわけですから殆どの人の場合, 魔法にかけられたかのようにトラブルが解消されてしまって, また同じ症状にな ったときや, 自分の周りで同じトラブルに見舞われた人に説明できる人は少ないんじゃないでしょうか?
これでは, 悪循環になってしまいいつまでたってもスキルアップも出来ずに, 同じ質問を繰り返すだけになってしまいます.

そうならないためにも, 「自分で情報を収集して自己解決に努力する」という事が大変重要になります.
これを普通にこなしている人と, 人に聞くことが普通だと感じている人とでは, すぐに実力の差が出てくるくらい大切なことなんですね.

前置きが長くなりましたが, 自己解決に至るまでの方法をいくつか紹介したいと思います.


< 雑誌/書籍 >
書籍や雑誌で情報を得る場合は, 書籍の場合はともかく雑誌となると, 記事を探すのに結構手間がかかりますね.
でも, 結構有効な手がかりが載っていたりするのも事実です.


< WEBサイトを検索 >
これは, 意外と簡単に見つかる手段の1つです.
ただし, 検索方法をうまく身につけないとなかなか情報を引き出せないのも事実です.
WEBサイトを検索するときのコツは, 文で検索せずに単語で検索することです.
大抵の検索サイトは, キーワードとキーワードの間に半角スペースを1つ入れることで条件を複数してすることが可能です.
また1度や2度の検索で情報が出てこないからといって諦めないで, キーワードを変えていろいろ試してみることです.
こういうサイトも知っておくと便利です.
 Windows.FAQ
 http://homepage2.nifty.com/winfaq/index.html

< メーカーサイトを見てみる >
これは, パソコンメーカー, ハード/ソフトウェアメーカー問わずに見てみる
と良いと思います.
炊いてどこのメーカーでも, サポートセンターが存在しそこに良くある質問集があるはずです.
そちらを覗いてみると, 解決策が見つかることも多いです.
Windows系では, やはりMicrosoft社のWEBサイトを見る機会が一番多い でしょうね. 下記は, Microsoft社のサポート技術情報のページです.
 サポート技術情報
 http://www.microsoft.com/japan/support/
ここで, 大抵(良くあるトラブル)の情報は引き出せます.


< ニュースグループの活用 >
Microsoft関連のトラブルには, サポート技術情報以外にニュースグループを活用するのも手です.
ニュースグループというのは, ユーザー同士で情報を交換し合う交流の場の1つと認識していただければいいと思います.
利用方法は, ニュースグループ対応のメーラーで設定するだけですが, WEBサイトからクリックするだけで設定が行なわれてすぐに購読可能と なるのもあります.
 Microsoftのニュースグループ
 http://www.microsoft.com/japan/support/newsgroup/grouplist.htm
あくまで情報交換の場なので, トラブルのみの利用ではないことに注意してください.
それと利用する前は, よく注意書きを読み他の方に迷惑のかからないように利用することが望ましいです.
ここでは「過去ログを検索する」ことが絶対に必要です.
掲示板にも言えることですが, 同じ質問は答える側にとってもただ読むだけの人にもあまり良い印象を与え無いことが多いです.
それと, 「早急に教えてください」など自己中心的な発言は掲示板を含め聞く側の態度として疑問のある発言は控えましょう.


< サポートセンターに聞いてみる >
これは, 上記のような方法で自分で情報を探して努力したけど解決には至らなかった場合に, 聞くことが望ましいかと思います.
# でも, サポートセンターも頼りにならないことが多いので, 「何かし
# ら情報が得られれば良し」程度に考えておいた方がいいかもしれませ
# ん.

< 人に聞く >
これも, 出来るだけ自分で努力した後に行なう行為ですね.
聞くときには, トラブルの内容とソフトやドライバ, OSのバージョンを出来るだけ伝えられるようにしてください.
# ソフト名なども正しく明記することが大事です.
# 例えばOutLookとOutLookExpressは違うソフトです.
どうやって調べたらいいのか? それもヘルプ等を見ればすぐにわかるはずです.
これも努力のうちの1つですね.


トラブルを自己解決するのは, 結構骨が折れなれないうちは大変な作業でもあります.
ですが, 自己解決できると自分自身に自信がつき同じトラブルが発生しても対処が容易になります.
また, トラブル解決がちょっとした楽しみになったりすることもあります.
このように努力することで, より快適なパソコンライフを送れることでしょう.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 オフ会の写真を撮られた方は私宛に送信してください。。また、オフ会の感想文もお寄せください。届いたものは「ヘミングメイト」のページに掲載しています。