64歳パソコン教師の日記 NO.764(2002.3.29)


 今日は29日ですが、明日、明後日は土、日ですから、年度末ということ になりますね。お仕事をされている人には忙しい一日だったでしょう。

 このマガジンで度々オフ会のお知らせをしていますが、「オフ会ってなに ?」という人もいらっしゃるようですね。今日はオフ会とヘミングメイトに ついてご説明します。説明というよりもヘミングメイトのPRでしょうか。

 パソコンを使って会員同士が通信する会は全国に沢山ありますが、ヘミン グメイトもそのひとつです。会費は無料、入会資格はこのマガジンの読者で あるということだけです。

 現在の会員数は670名を超えています。全国47都道府県はもとより、 海外にお住まいの方も入会されています。発足以来たった2年間で熟年者の 会としては国内屈指の規模になりました。

 ヘミングメイトでは、社会的地位も職業も性別も年齢も関係ありません。 入会したばかりでもハンディは全くありません。全員が平等で対等の立場で す。ヘミングメイトには役員もいません。唯一、世話役の徳さんが入会申込 受付、会員名簿の送信などをボランティアでやってくださっています。

 普段は電話回線を使って(オンライン)メールをやり取りしたり、ホーム ページの掲示板やチャットなどで会員間の交流を深めていますが、たまには 仲間が直接一堂に会して楽しもうというのが「オフ(オフライン)会」です。

 一昨年3月の博多オフ会を最初に、名古屋、東京、湯河原、神戸、札幌、 名古屋と開催され、4月6日は奈良県吉野、4月27日は東京で開催されま す。毎回、30人前後〜50人以上の方が全国から参加されています。

 オフ会の開催は、会員なら誰でもできます。次は自分たちの地域でオフ会 を開きたいと思ったら、地域の仲間から幹事を募り、計画が決定したら、徳 さんから全会員へ同報メールで知らせて貰います。あなたもオフ会を主催し てみませんか。

 オフ会に参加すると、それまでは文字だけの付き合いでも、会った途端に 親しみを感じます。名刺を交換し、お互いに「あなたがXXXさんですか」 と旧知の友に会ったように会話が弾みます。皆が会場を歩き回って名刺を交 換し合い、会場は盛り上がっていきます。

 この名刺はオフ会用の名刺です。各々が趣向を凝らして作成してきます。 この名刺を作るのも、オフ会前の楽しみのひとつです。旅行の準備をする楽 しみのようなものですね。私が頂いた名刺は百数十枚になりました。時々眺 めてはオフ会を思い出しています。

 「パソコンは初心者だから参加しても〜」と言う人がいますが、話題はパ ソコンのことばかりではありません。寧ろ、パソコン以外の趣味などの話が 多いようです。でも、パソコンに関する質問をされるには良い機会ですよ。 名古屋オフ会では、パソコン勉強会も行われました。

 世の中には色々な趣味の会がありますが、私はヘミングメイトをパソコン が趣味の人たちの会だとは思っていません。パソコンを通して知り合った人 たちの集まりだと思っています。

 世の中にはパソコンオタクというような人もいますが、パソコンが他の趣 味と違うのは、パソコンは仕事のため、他の趣味のためなどの道具であって、 終極の趣味ではないということです。ですから、オフ会の話題もパソコンに 偏らず、多岐にわたるのだと思います。

 「メールの付き合いだけなら安心だけれど、直接会うのは心配だ」と言う 人もいます。度々事件が報道されていますからご心配は尤もです。しかし、 事件になったほとんどは、若い男女が一対一で会ったケースです。起きるべ くして起きたと言って良いでしょう。

 ヘミングメイトの会員は常識を弁えた熟年者の集まりです。ナンパが目的 で参加するような人は一人もいません。毎回ご夫婦で参加される人が多いの もその表れでしょう。明るく和やかな会場の雰囲気をご覧になれば納得され ることと思います。

 「石橋を叩いて渡る」用心は必要ですが、叩いてみることもせずに警戒し ていては、自分の世界を広げるチャンスに巡り合うことはできません。少な くとも「石橋を叩いてみる」努力はして欲しいと思います。

 このマガジンをご覧になっている方は、パソコンをやっているのですから 積極的な方だと思います。更に積極的な方はヘミングメイトに入会されてい ます。その中でも更に積極性のある方はオフ会に参加されています。

 ヘミングメイトオフ会の特徴のひとつがライブカメラです。会場に持ち込 んだノートパソコンにカメラを接続して会場の様子を撮り、電話回線を通じ て送信します。国内はもとより、世界中で見ることができます。

 参加されない人は、この映像を見ながらチャットで会場の人たちと文字の 会話をします。短い時間ですから、チャットに書き込みをすることができな くても、ロムするだけで雰囲気を楽しむことができますよ。

 パソコンの会ですから、デジカメを持参される人が多いですね。撮った写 真は後から私宛に送って貰い、ホームページにアップしています。

 楽しい時間の経過は速いものですね。やがて閉会の時間がやってきます。 「次のオフ会でまた会いましょう」と約束を交わし、名残惜しさを胸に各々 が帰途につきます。

 近くでオフ会が開かれたら是非一度参加してみてください。一度オフ会の 楽しさを味わえば、必ずまた参加したくなりますよ。人との付き合いは、親 戚との付き合い、仕事での付き合い、ご近所との付き合い、などが主でしょ うが、何のしがらみもないヘミングメイトの付き合いは心から楽しめること と思います。

 私は、ヘミングメイトで知り合うまでは縁も所縁もなかった人たちと、兄 弟に対する気持ち以上でお付き合いをさせて貰っています。オフ会で知り合 って、家族ぐるみのお付き合いをされている人も多いようです。考えてみる と、人との出会いとは不思議なものですね。