圧縮・解凍ソフト「Explzh」の使い方



  圧縮・解凍ソフトは、「+Lhaca」がお薦めですが、自動解凍ファイルを作れる「Explzh」を使っている人も多いので、その使用方法をご説明いたします。

    ■圧縮・解凍ソフト「Explzh」のダウンロード

  1. 下記のページにアクセスして、「Explzh Ver.3.58 のダウンロード」をクリックします。

     http://village.infoweb.ne.jp/~fwhv5283/

  2. 「保存」ボタンをクリックします。



  3. 「保存する場所」を指定、→「保存」ボタンをクリックします。



  4. ダウンロードが行われます。




    ■「Explzh」のインストール

  5. ダウンロードされた「explz35x.exe」ファイルをダブルクリックします。

  6. 「同意する」ボタンをクリックします。



  7. 「すべてチェック」ボタンをクリックします。→すべての圧縮形式にチェックが付きます。→「OK」ボタンをクリックします。



  8. 「はい」ボタンをクリックして、再起動します。→デスクトップにショートカットが表示され、スタートメニューにも登録されます。




    ■「Explzh」のユーザー登録

    登録しておくと「Explzh」がバージョンアップされる度にメールで知らせてくれます。試用してみて、気に入ってから登録されるのが良いでしょう。

  9. デスクトップの「Explzh」ショートカットアイコンをダブルクリックして、「Explzh」を起動します。



  10. 「ヘルプ」→「バージョン情報」とクリックします。



  11. 「登録手続」ボタンをクリックします。→「はい」ボタンをクリックします。



  12. 「Explzh」のホームページが表示されます。シェアウェア \1,000 の支払いをします。→メールで「パスコード」が通知されます。



  13. 「バージョン情報」の「登録」ボタンをクリック、→「お名前・E-Mail・パスコード」を入力、→「OK」ボタンをクリックします。




    ■「Explzh」で必要な「DLLファイル」のインストール

  14. 「最新版へアップデート」ボタンをクリック、→「OK」ボタンをクリックします。



  15. 「ダウンロード」ボタンをクリックします。



  16. 自動でインストールが行われます。




    ■LZH形式で圧縮

  17. 「編集」→「圧縮」とクリックします。



  18. 「圧縮形式」を選択、→「OK」ボタンをクリックします。



  19. 圧縮するファイルを選択、→「開く」ボタンをクリックします。



  20. 「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリックします。



  21. 「保存する場所」を指定、→「保存」ボタンをクリックします。




    ■自己解凍形式で圧縮

  22. 自己解凍形式で圧縮する場合は、「T」と「U」で次のようにします。

  23. 「編集」→「自己解凍書庫の作成とクリックします。



  24. 「保存する場所」を指定、→「ファイル名」を入力、→「作成」ボタンをクリックします。



  25. メッセージダイアログを表示する場合は、「メッセージダイアログを表示する」にチェックを付け、→「メッセージ内容」欄の文字を削除、→メッセージを入力、→「次へ」ボタンをクリックします。



  26. 「次へ」→「次へ」→「次へ」→「次へ」→「作成」とクリックします。自己解凍形式で圧縮されたファイルが作成されます。


    ■フォルダ付きで圧縮

  27. フォルダをデスクトップの「Explzh」ショートカットアイコンへドラッグ&ドロップします。

  28. 「プログラムから開く」をクリックします。以後は上記と同じです。


    ■圧縮ファイルの解凍

  29. ファイルをダブルクリックします。→メッセージ付きの場合はメッセージが表示されます。→「はい」ボタンをクリックします。



  30. 「参照」ボタンをクリック、→解凍する場所を指定、→「OK」ボタンをクリックします。→解凍されます。



目次に戻る