M P 3

 あなたは最近人気があるMP3を楽しんでいますか。MP3とは「MPEG Audio Layer-3」のことです。音楽CDから曲を吸出し、WAVE形式からMP3形式へと変換することができます。MP3は「メディアプレーヤー」などで聴くことが出来ます。

 音楽CD1枚には時間にして74分入りますから、1曲が3分余りとすると約20曲です。MP3は人間には聞こえない音域部分をカット、圧縮しますから、音質が劣化することはほとんどありませんし、WAVEの約11分の1になります。1曲が3MB余りとして、CD‐ROM1枚に約200曲が入ります。

 音楽CD→WAVE→MP3の変換を一度にできる「CDex」というフリーソフトがあります。私はこのソフトを使ってMP3CD−Rを作っています。

 最新版は http://cdexos.sourceforge.net/ からダウンロードできます。「cdex_151.exe」をダウンロードします。

 「Cdex」は英語版ですが、日本語化するソフトはhttp://www1.plala.or.jp/tsoma/mp3.html からダウンロードできます。「Ver1.51正式リリース用(2003/09/11版)」をクリック、→「japanese151.zip」をダウンロードします。

 ダウンロードした「cdex_151.exe (1,954KB)」をダブルクリックすると自動で「C:\Program Files\CDex_150」フォルダが作成され、その中にインストールされます。日本語化の「japanese151.zip (12KB)」ファイルを解凍します。解凍された「japanese.cdex.lang」ファイルを「C:\Program Files\CDex_150\lang」フォルダ内に移動します。

  1. デスクトップの「CDex」アイコンをダブルクリック、→「CDex」を起動します。

  2. メニューバーの「Options」→「Select Language」→「Japanese」とクリックします。

  3. メニューバーの「オプション」→「設定」とクリックします。

  4. 「リモートCDDB」タブを開き、→「E-mailアドレス」欄にあなたのメールアドレスを入力、→「OK」ボタンをクリックします。



  5. 音楽CDをセットします。→曲が表示されます。



  6. 「CDDB」ボタンをクリックします。→インターネットに接続、→曲が検出されます。→「OK」ボタンをクリックします。



  7. 「アーチスト名」「タイトル名」「曲名」が表示されます。



  8. 右上から2番目の「トラックからMPEGオーディオへ変換します」ボタンをクリックします。→変換が行われます。

  9. 上の画面が消えたら、自動的に「C:\My Documents」フォルダを開いてみましょう。フォルダの中に「MP3」フォルダ、その中に「アーチスト名」フォルダ、その中に「タイトル名」フォルダが作られ、その中に「MP3」に変換されたファイルが保存されています。