タグを入力して作るホームページ講座「入門編」

 最近は、面倒なことはお金を払っても代ってやってもらいたいという風潮です。ホームページ作成ソフトを使えば簡単にホームページを作ることが出来るとお考えの人が多いようですが、ソフトを使いこなすにもある程度の努力と時間が必要です。しかし、それはHTMLの勉強ではなく、ソフトの使用方法の勉強に過ぎないのです。

 ソフトを使っている間は車の運転の仮免許中と同じようなものなのです。ソフトという同乗者がなければ何時まで経っても自分だけでは作ることができないのです。HTMLは日に日に進化していますから、新しい表示方法を用いるには次々と新しいソフトに買い換えなければなりません。ソフトに頼っていてはHTMLの基本を覚えることが出来ません。いつまで経っても初心者の域を脱することが出来ないのです。

 私が、これからホームページを作ろうと思っている方にお勧めするのは、ソフトを使わずにメモ帖にキーボードからHTMLタグを入力して作る方法です。これが基本であり本格的な作成方法なのです。ソフトの使用方法を勉強する時間があれば、HTMLの基本を習得し、タグの入力でホームページを作ることが出来るのです。

 ホームページを開設したからには大勢の人に見て貰いたいと思うのが当然です。より見栄えの良いものにしたい、新しい表示方法を取り入れたいと思うようになります。その時になってHTMLの勉強を始めるのでは、ソフトを使ってこれまでにやってきたことは、ほとんど無駄になってしまいます。最初からHTMLの勉強をすれば一直線に進むことが出来ます。

 タグは一度に全部覚える必要はありません。最初は10種類ほどのタグを使えばホームページを作ることが出来ます。素敵なホームページを見付けたらそのソースを見て、その表示方法を直ぐに取り入れることも可能です。それらは全て知識として自分の身につくのです。

 私の知人がホームページを開設したので見て欲しいと連絡してきました。「ソフトを使って作ったので一週間で出来ましたよ」と言うのです。「ソフトを使わなければもっと速く作れますよ」と言った私の言葉が信じられないようでした。お金さえ出せば楽を出来ると考えているのですね。

 自分のパソコンの中でホームページが完成したら、画像ファイルや音声ファイルと一緒にサーバー(リモートディレクトリ)へアップロード(転送)します。このアップロードには「FTP」というソフトを使って行います。これであなたのホームページはインターネット上に公開され、世界中から何時でも見ることができるのです。